雨のニーナとJR総持寺駅新設工事を撮る

 皆さん、こんばんは、21日(日)の北大阪は、曇天に薄日の天気で、気温は10℃程度までしか上がりませんでした。相変わらず寒い日が続いています。風邪など召されぬよう、御注意なさってください。


 今日は、去る1月8日(祝)に通過したゼロロクのニーナをUPします。撮影日は、成人の日の祝日でしたが、北大阪は、小雨模様で、時折強く降る最悪の天気でした。成人式で晴れ着を着た女性も、大変だったでしょう。大人としての門出が、天候で余り良い印象が得られなかったのではないでしょうか。



 今日は、小雨模様の中、5071レにニーナが入り、5074レにゼロロクの30号機が入りました。1時間ほどで2機のゼロロクが撮れる良い日でした。筆者は仕事の為、昼休みを惜しんで、高槻駅のホームへ出かけました。当日のUPはこの4枚のみです。


 EF66-27牽引の5071レ、コキ25両編成で、空コキ3両でした。高槻、



 同上、少し引いています。



 同上、少し引いています。



 同上、少し引いています。


 実際にはもう少し多く撮っていますが、適当に間引きして、4枚UPしました。当日高槻駅のホームには、雨模様の為、撮り鉄は少なく6名でした。ご一緒した皆様方、有り難うございました。


 JR総持寺駅新設工事の進捗です。撮影は昨年末の12月30日と本年1月20日でした。1月20日には、上下線のホームドアが設置完了していました。後は、動作確認などが残っていると思われます。今後開業の新駅は、安全の為ホームドアが設置されていくようです。

 大阪側から見たJR総持寺駅の様子です、12月30日の撮影分です。ホームドアは上下どちらも未設置です。



 上り線側のホームドアです。1月10日には、設置が完了していました。



 同上、京都寄りです。



 1月20日には、下りホームのホームドアも、,設置が完了していました。



 同上、下りホームホームドア設置状況です。


 JR総持寺駅は本年3月の開業を前に、最後の調整なのでしょう。注意して見ると、待合室やエレベーターも取付けが完了していました。新駅は、開業当初からバリアフリー対策が整備されて、関係施設が整っています。利用者も気持ちよく使用できるでしょう。

 この開業によって、今まで阪急が独占だったURの総持寺団地方面と、JR総持寺駅前のUR高層マンションなども、両社で利用者が分かれて行くでしょう。少なくとも高槻・大阪間の各駅停車では、JRは15分に2本運転になっています。阪急は10分毎ですので、かなり影響が出るのではと思われます。


 2008年3月の開業の島本駅は、満10年になります。それまで阪急水無瀬駅のみの利用だったのが、JRにかなりの乗客が移行しています。阪急は10分毎の運転ですが、JRは、昼過ぎの時間帯は15分毎に減便されていて、少し競争では劣ります。利用者数は、開業当初の約4,500人/日から昨年は約6,500人/日に増加しています。その分阪急水無瀬駅の利用者が減少していると思われます。




 ゼロロクニーナが通過時は、昼休みだったので、小雨模様の中、撮影に出掛けました。少し後の5074レは、仕事中で全く動けず、撮れませんでした。良い条件ではありませんでしたが、1時間の時間差でゼロロクが2本撮れた日なので、ゼロロクFANにとっては、良い日だったのでしょう。ここ数日は、新日鉄のレールチキ運用についているので、夜間通過になり撮影ができません。



 最後まで、ご覧いただき、有り難うございました。
 お手数ですが、クリックをお願いいたします。 
 毎日の励みになります、宜しくお願いいたします。


 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント