323系新車試運転、銀ゴトーなど貨物をメインに撮る

 皆さん、こんばんは、10月3日(水)の北大阪は晴れのち曇りの天気で、気温は27℃程度まで上がり夏日になりました。10月というのに、暑い日が続いています。朝夕は冷えますので、体調管理に十分ご注意なさってください。


 朝の見たまま報告です。
 阪急正雀工場は、メトロ66系第7編成8連が東海道線側に置かれ整備作業が行われていました。外板修理場に、2両程度居たようですが、確認できませんでした。
 JR吹田工場は、東海道線側に@U-tech3連と2日に試運転だったクモハ227-60と62の各3連が置かれていました。留置線は、205系モハユニット4連とクハ205-38外4連+201系モハユニット2連が居ました。新たにクハ103-226外4連が新しく置かれていました。建屋の奥には、201系鶯色6連が留置されていました。



 今日は9月19日(水)の午後に、山崎のサントリーカーブで撮った323系新車試運転、銀ゴトーなど貨物をメインにUPします。


 4025M、特急サンダーバード25号、大阪発金沢行、クロ683-4501外9連+3連、島本・山崎間サントリーカーブ、



 EF510-513牽引の4071レ、コキ21両編成で、空コキ5両でした。良い天気で完全逆光でした。



 試9892M、クモハ323-14外8連、午前中に川崎重工から鷹取へ、更に吹田西へ、そこから自走で試運転です。湖西線永原までの往復だったようです。 10月2日、3日にも本線試運転が行われていました。



 同上、後追い、最後部はクモハ322-14です。SUSの車体が午後の日差しに輝いています。



 772T、普通加古川発米原行、クモハ221-57外8連、



 Ef210-115単機の1881レ、上り1182レは、レール積載チキ2両だったようです。



 3470M、新快速姫路発湖西線経由敦賀行、クモハ225-101外4連+223系8連(近江今津行)



 回3015M、特急こうのとり15号、新大阪発城崎温泉行、クロハ288-2001外4連、



 EF510-509牽引の3095レ、コキ20両編成で、全車積載有でした。久しぶりの銀釜です。



 4022M、特急サンダーバード22号、クハ683-702外3連+6連。



 4027M、特急サンダーバード27号、大阪発金沢行、クロ683-4512外9連+3連、



 59D、特急Sはくと9号、京都発智頭急行線経由、鳥取・倉吉行、HOT7012外5連、



 EF66-131牽引の5058レ、コキ16両編成で、空コキ7両と少し寂しい列車でした。



 EF510-11牽引の3099レ、コキ20両編成で、全車積載有でした。


 撮影日の午後の日差しは、かなり強く、清涼飲料水を飲みながらの撮影になりました。他に大阪から来られた撮り鉄さん1名と撮影でした。以前、会社の転勤で埼玉県の蕨付近に居住されていたとかで、少し前の東北線の話など聞かせていただき、楽しい時間を過ごせました。





 最後まで、ご覧いただき、有り難うございました。
 お手数ですが、クリックをお願いいたします。 
 毎日の励みになります、宜しくお願いいたします。


 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント