207系、323系試運転とゴトー、鮫、桃などの貨物列車、京都駅の103系などをUPします

 皆さん、こんばんは、19日(金)の北大阪は、終日曇り時々晴れの天気で、気温は24℃程度まで上がりました。今年は、酷暑と強い台風の多い年でした。これ以後、秋から冬を迎えますが、厳冬期のようになるのか心配です。徐々に人類の暮らしが厳しくなってきているように思われます。将来に対する備えは、どうすれば良いのか、考える必要が有るようです。


 10月19日の阪急正雀工場は、東海道線側には、何も置かれていませんでした。外板修理場に架線の点検作業車が置かれ、職員の訓練のようでした。
 JR吹田工場は、東海道線側では、@U-tech3連のみで、留置線は、201系モハユニット2連が京都側に出て103系4連が大阪寄りに移動して、編成も京都側からクハ+クハ+モハ+モハになっていました。205系モハユニット4連は、そのままでした。

 205系1001編成4連が、試運転線を往復していました。もしかすると本日20日に本線試運転の実施なのかも!

 10月19日午前、試運転線のクハ204-1001外4連、岸部・千里丘間で撮影、


 今日は、10月4日(木)に撮った207系更新車と323系新車の試運転、ゴトー、鮫、桃の貨物列車と、京都駅での
103系などをUPします

 EF510-515牽引の3096レ、コキ20両編成で、空コキ無しでした、吹田西駅へ進行中、上り電車内から撮影。



 試6780M、クモハ207-1006外4連、京都側は普通の更新車顔です。JR総持寺、



 同上西明石側、クハ206-1006は、前面の前照灯類もそのままで、FOGランプも無く白熱灯のままでした。行先もおそらく旧のLEDのままでしょう。207系で転落防止柵が前に出るのは珍しいと思われます。



 EF210-137牽引の1055レ、コキ23両編成で、空コキ9両でした。



 EF66-110代走牽引の2063レ、コキ26両編成で、空コキ無しでした。



 4015M、特急サンダーバード15号、大阪発和倉温泉・金沢行、クロ683-2外6連+3連、



 試6781M、クモハ322-14外8連、今回の試運転は、10月1日から5日まで行われたようです。



 同上、列車のUPです。現在の大阪環状線車両と何ら変化はないと思われます。


 京都に用事が有り京都駅でJR奈良線を少し撮りました。


 クハ103-185外4連、普通奈良行の到着です。



 クハ103-184外4連普通奈良行10番ホームとクモハ221-22外4連普通城陽行9番ホーム、



 クハ103-215外4連、普通 城陽行の到着です。




 以下は、下り新快速の車内から撮った向日町運転所、(現在は吹田総合車両所京都支所が正式名称)の様子です。
 DD51-1192が待機中でした。



 クル144-15とクモル145-1015の2連が奥に居ました。



 向日町の奥側に227系1000番台車2連(和歌山線用)が居ました。戸袋部と窓下の細い線のグリーンは、銀色のステンレス車とは、マッチしない感じで、グリーンのトーンに問題が有りそうですね。



 JR奈良線も9月で103系の運用が終了との噂が流れていましたが、まだまだ使用されているようです。205系は全編成が4連化されて、奈良区へ配置になりました。車検切れになる順に103系も廃車になるのでしょうか?暫くは活躍が見られそうなので、一安心です。


 帰路の車内から向日町運転所(昔人間なので今の組織が理解できません)の珍しい編成が、少し撮れたので嬉しい思いです。227系1000番台車の別の2両はどこへ行ったのでしょう。日根野区新在家派出へ配置され、試運転を重ねているのでしょうか?



 最後まで、ご覧いただき、有り難うございました。
 お手数ですが、クリックをお願いいたします。 
 毎日の励みになります、宜しくお願いいたします。


 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント