近鉄お召列車しまかぜとおおさか東線全線開業記念式典をメインにUPします

 皆さん、こんばんは、3月26日(火)の北大阪は、晴れ時々曇りの天気で、気温は17℃程度まで上がりました。漸く春を実感できるようになりました。

 

 3月26日(火)に、天皇皇后両陛下が、奈良県橿原市の神武天皇陵へ参拝されましたので、道中京都からご乗車になられた近鉄お召列車しまかぜをUPします。




 近鉄「しまかぜ」によるお召列車、第一編成でした。京田辺市木津川橋梁、撮り鉄は約40名でした。JRのお召列車のように、国旗が付いていないのは、残念です!



 前から3両目が御料車だったようです。他の撮り鉄によると、天皇皇后両陛下は、大窓から手を振られていたようです。筆者は気付くのが遅れて撮りましたので、両陛下のお姿は、撮れませんでした。残念です!



 その他は、3月16日(土)に新大阪駅で開催されたあおおさか東線全線開通記念式典をメインにUPします。


  3月16日(土)9:40から記念式典が新大阪駅1番、2番ホームで開催されました。テープカット者の右端がJR西日本の来島社長です。



 2102M、直通快速奈良行、クモハ321-4外7連、この列車に記念式典の招待者が乗り込み、一般乗客と一緒に、新線開通の放出駅まで往復されました。



 2434S、クハ200-139外6連、おおさか東線経由久宝寺行、HMは、八尾市市制施行70周年(ひらがなの赤文字は「やお」)おおさか東線全線開通と書かれています。



 八尾市制70周年とおおさか東線開通PRステッカーが貼られています。



 同上、後追い、新大阪、



 このようなPRシールを貼った編成も有りました。この編成には、HMは付いていません。



 おおさか東線新設部分から梅田貨物線へ乗り入れる普通、久宝寺発新大阪行、クハ201-122外6連、60㎞/h制限の分岐で、梅田貨物線へ入線です。



 新しく神崎川に架橋されたカーブした橋梁、南吹田・JR淡路間、



 神崎川橋梁を渡ると直ぐに、元城東貨物線から吹田西貨物駅への分岐を通過して、JR淡路になります。名称は神崎川信号所のようです。



 2103M、直通快速、奈良発関西線、おおさか東線経由新大阪行、所要は56分です。クモハ320-2外7連、JR淡路・南吹田間、対向電車内から撮影。この運行時間では、大和路快速で大阪駅乗り換えと余り時間は変わりません!乗り換えが無くなるだけです。



 JR淡路駅の開業PRポスター、



 有名な淀川に架かる赤川橋梁です。2013年10月末まで、上り線側が人道橋になっていました。橋梁直前の踏切は、手前の築堤下を通過するよう、道路改良され廃止となりました。



 放出駅コンコースに有った、全線開業の321系を模した写真撮影用パネル。春らしく桜の造花で飾られていました。


 丁度、おおさか東線全線開業記念式典中に、Aシート車連結の新快速野洲行が新大阪に到着しました。

 3234A、記念式典の開催中に、新大阪駅へ到着したAシート車連結の新快速姫路発野洲行、
 Aシート車は、姫路から満席だったようです。18切符のシーズンですから、話題性を求めたマニアで満席だったのでしょう。ほぼ全員が姫路・野洲間の乗車だったようです。一部マスコミ関係者数人が、大阪と新大阪で下車した程度です。



 撮影日の3月16日は、朝方に雨が残り、祈念式典が開始される直前から晴れ間が出てきました。風が結構強くて、出席者も吹きさらしの中、コートも着られないので、寒くて大変だったでしょう。大阪市副市長、東大阪市長、関係地域の衆議院議員、参議院議員、国土交通省の鉄道関係部局の役職者などでした。何れにしろ、ご苦労様でした。


 



 最後まで、ご覧いただき有り難うございました。
 お手数ですが、クリックをお願いいたします。 
 毎日の励みになります、宜しくお願いいたします。


 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント