トワ釜12系客車回送、ロクゴ、ゴトー、鮫、桃など午後の貨物をメインにUPします

 皆さん、こんばんは、9月24日(火)の北大阪は、曇天に薄日の天気で、昼過ぎに霧雨が少し有りました。気温は26℃まで上がり夏日になりました。お彼岸を過ぎても昼間の気温は中々下がりません。本日は30℃の真夏日予報が出ています。盛夏の疲れが多く溜まっていると思われますので、体調管理には、十分ご注意なさって下さい。

 今回の台風17号は、23日に温帯低気圧になりましたが、被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。又、早期の復旧を願っております。


 今日は9月16日(月祝)の午後に、桧尾川踏切、百山踏切、山崎サントリーカーブで撮った貨物列車とトワ釜+12系客車回送などをUPします。
DSC_8093 (640x432)
 EF66-109牽引の配1182レ、空チキ6両でした。高槻・島本間桧尾川踏切、


DSC_8095 (640x432)
 同上、後追い、


 山崎の百山踏切へ移動しました。
DSC_8101 (640x431)
 EF65-2065牽引の5087レ、コキ20両編成で、空コキ2両でした。


 山崎サントリーカーブへ移動しました。
DSC_8110 (640x432)
 EF210-140牽引の5070レ、コキ短い19両編成で、空コキ10両と寂しい列車でした。


DSC_8114 (640x433)
 1035M、特急、はるか35号、京都発関西空港行、クハ281-5外6連、折鶴第二編成、


DSC_8119 (640x431)
 EF510-503牽引の3095レ、コキ22両編成で、空コキ5両でした。


DSC_8122 (640x432)
 776T、普通、加古川発米原行(快速は明石・高槻間)


DSC_8124 (640x433)
 59D、特急、Sはくと9号、京都発智頭急行線経由鳥取・倉吉行、HOT7014外6連、


DSC_8127 (640x433)
 EF210-152牽引の5064レ、コキ24両編成で、空コキ1両でした。画角が良くなくて後部が切れました。


DSC_8130 (640x429)
 EF510-6牽引の3099レ、コキ20両編成で、空コキ3両でした。



 再び桧尾川踏切へ戻りました。
DSC_8138 (640x432)
 EF510-19牽引の4076レ、コキ20両編成で、空コキ11両と大変寂しい列車でした。後部が切れているのは、左側に架線柱が有り、架線柱を外すとこの画角になります。桧尾川踏切、


DSC_8146 (640x433)
 EF65-1124牽引の臨9919レ、北びわこ号用12系客車5両、桧尾川踏切、


DSC_8149 (640x432)
 同上、後追い、北びわこ号のTMが、日陰ですが読み取れます。



 撮影日の9月16日は三連休の最終日でしたが、天気は比較的良くて、気温は35℃程度まで上がり猛暑日になりました。しかし、少し風が有って、多少湿度も下がり、列車待ちの時間は余り蒸し暑さを感じませんでした。秋分の日の三連休は、台風17号の接近で全国的に、暴風雨の予報が出ていて、天気予報が当ったようです。23日に台風17号は温帯低気圧に変わりましたが、北日本では、可なりの暴風雨に見舞われたようです。被害に遭われた地域の方々には、お見舞い申し上げます。

 お彼岸の三連休はお墓参りの他、旅行などの予定の方々も多くおいででしたでしょう。台風の接近だけは、どうしようもないので、被害が大きくならないよう願うのみでした。





 最後まで、ご覧いただき有り難うございました。

 お手数ですが、クリックをお願いいたします。 

 毎日の励みになります、宜しくお願いいたします。


  FC2ブログ

 にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村
 



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ナイスです

連休になると荷が少なくなりますね

荷の少ない貨物

 taroppe55さん、おはようございます。ナイスとコメントをいただき有り難うございます。

 普段の休日貨物も荷が少ないですが、三連休になると極端に荷が少なくなります。これからも働き方改革が叫ばれているので、土日の貨物輸送は徐々に減少するでしょう。
 1081レの日祝発は、空コキを連ねず、編成を半分に減らしています。又、荷の少ない2列車を併結するような考え方をJR貨物も積極的に取り入れれば、年間走行距離もコキと釜の両方に余裕が出ると思いますが、どうなのでしょう?
 
 JR貨物は赤字会社なので、積極的に改善しないと、これから先モーダルシフトに頼るだけでは、経営は余計苦しくなるでしょう。

 今後とも宜しくお願いいたします。