12系客車送込みとゼロロクなどを撮る


 皆さん、こんばんは、28日の北大阪は、薄日に曇天の天気で、気温は33℃まで上がりました。連日暑い日が続いていますが、早く涼しくなってもらいたいものです。

 今日は、8月22日(土)に撮ったゼロロク2本、原色ロクゴ12系回送、貨物列車などをUPします。

 2009M特急しなの9号長野行、週末で増結されています。サントリーカーブ。大阪・名古屋間は、波動期を除き、乗車率は低くなっています。
 かつてDC急行ちくまは、長野発大阪行が昼行、大阪発長野行が夜行で設定されました。主に関西地区で利用債を発行し、58系DCを新造して、昼夜各1往復になりました。1971年にキハ181系特急しなのが1往復だけ、昼行ちくまの代わりに大阪発着で設定され、58系DCのちくまは、夜行のみになりました。
 夜行ちくまは、1978年キハ58系DCから20系客車になり、1986年から12系客車と寝台車の編成が10年余続きました。1997年に客車ちくまの廃止で383系にバトンタッチしました。そのころには、夜行ツアーバスに乗客を奪われ、2003年には、臨時に格下げされ、季節運転で車両は381系に代わりました。2005年には、利用客が少なく、廃止されてしまいました。
 

 EF66-101牽引の1079レ、コキ26両編成で、空コキなく全車積載ありでした。サントリーカーブ。


 EF510-1牽引の3096レ、コキ20両編成で、空コキ1両でした。


 2057M特急くろしお7号、クロ380-1外6連、この列車も10月末までの運転と、JR西から公式発表されました。上り321系普電の被りを避けましたので、この位置まで来ました。


 52DSはくと2号、京都行、HOT7000系6連、谷口ジローサイン入。


 EF510-3牽引の3092レ、コキ20両編成で、空コキ無く全車積載ありでした。


 4013M特急サンダーバード13号、和倉温泉行、683系9連。


 EF200-7牽引の1071レ、コキ25両編成で、空コキ2両でした。


 EF65-1132牽引の9912レ、12系客車5両、桧尾川踏切、


 同上、後打ち、


 EF66-21牽引の5074レ、コキ24両編成で、空コキ4両でした。


 EF65-2090牽引の5087レ、コキ19両編成で、空コキ2両でした。百山踏切。


 EF66-30牽引の5084レ、コキ24両編成で、空コキなく全車積載ありでした。サントリーカーブ。


 EF510-12牽引の3095レ、コキ22両編成で、空コキ1両でした。


 EF81-721牽引の4071レ、コキ20両編成で、空コキ6両でした。

 この日は、比較的時間に余裕があり、朝9時頃から午後3時頃まで、撮れました。北陸系のゴトーが、赤釜ばかりで、青釜が来なかったのが残念です。

 そのほか、表題のゼロロク2本、12系北びわこ号回送も撮れたので、まずまずでした。

 最後まで、ご覧いただき、有り難うございました。
 
 お手数ですが、クリックをお願いいたします。 
 毎日の励みになります、宜しくお願いいたします。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント