阪急今津線開通100周年HM付などを大雨の中で撮る

 皆さん、こんばんは、9月12(日)の北大阪は、曇りで時折通り雨の天気でした。気温は26℃程度迄上がり、明け方が21℃程度で、気温差が少しある蒸し暑い夏日でした。まだ暫く、30℃を超す高温多湿で曇り時々晴れの天気が続きそうです。コロナ感染の他、熱中症、食中毒など、体調管理に十分ご注意なさってください。


 

 コロナの感染者は、全国的に高止まりが漸く減少傾向に変化してきました。しかし、東京圏・名古屋圏・大阪圏・九州・沖縄は、減少傾向ですが、ほぼ医療崩壊の状況で、自宅療養者が減少していません。

 9月12日公表の感染者数は、休日で検査数が少なく、全国で7,212人、空港検疫で9人、10人以上新規感染者が出た都道府県は、北海道116人、青森46人、岩手23人、秋田17人、宮城33人、福島26人、山形18人、東京1,067人、神奈川669人、埼玉504人、群馬47人、栃木55人、茨城135人、千葉398人、静岡113人、山梨28人、長野37人、新潟25人、石川22人、福井26人、愛知855人、岐阜64人、三重60人、滋賀24人、奈良61人、京都196人、大阪1,147人、兵庫398人、和歌山11人、岡山63人、広島95人、島根13人、山口10人、徳島16人、高知24人、福岡292人、佐賀15人、長崎32人、熊本39人、大分33人、宮崎17人、鹿児島36、沖縄273人などとなっています。
 ワクチン接種が完了するまでは、くれぐれも、三密を避ける、うがい、手洗い、手指の消毒、マスクの着用などで、感染防止に努めましょう。



 今日は9月3日(金)の大雨の中で撮った、8月末から付いた阪急今津線開通100周年HMと、9月8日に二回目の撮影後、宝塚駅一階と西宮駅二階コンコースに、今津線開業100周年関連のパネル展も立ち寄りましたので、UPします。
 9月3日大雨の撮影です
DSC_1318_2021090315453641d.jpg
 5006外6連、普通、宝塚発西宮北口行、今津線開通100周年HM付、仁川・甲東園間、


DSC_1337_20210903154656622.jpg
 5006に取付けられた今津線開通100周年HMのUPです。
左から51号車、5006号車、92号車です


DSC_1332_20210903154951fb7.jpg
 5057外6連、普通、西宮北口発宝塚行、今津線開通100周年HM付、門戸厄神・甲東園間、


 9月8日撮影分です、当日は、5006編成は、朝ラッシュが済んで、西宮車庫へ入庫していました。

DSC_1595.jpg
 7190に取り付けられた今津線開通100周年HMのUPです。
左から90号車・5057号車・959号車(宝塚・西宮北口方向板付)


DSC_1590_20210908154454a5c.jpg
 7005外2連+4連、普通、宝塚発西宮北口行、今津線開業100周年HM付、仁川・甲東園間、


DSC_1602.jpg
 7190外4連+2連、普通、西宮北口発宝塚行、今津線開業100周年HM付です。門戸厄神・甲東園間、
 HMのデザインは、5006編成と西宮北口方、宝塚方とも同じでした。 
 7190は、1975年に電機子チョッパー試作車編成の元2200系制御車2250・2251として新造され、後に、6000系編入で、6050と6150に改番されました。 更に2019年6月に、現在の7090と7190に改番されました。阪急電車では、電機子チョッパ車は、試作の2200系8連のみで、終了してしまいました。その代わり、構造が簡単で、製作費が安価な界磁チョパの7000系(神宝線用)7300系(京都線用)が大量に新製されました。この10年間に、大規模更新工事と共に、VVVF制御に改造工事が進んでいます。国鉄も電機子チョッパー車は、中央線の201系と東西線の203系だけで、後は安価な界磁チョパーの205系に代わっています。


 9月3日撮影分です
DSC_1327_20210903155537633.jpg
 7023外6連、普通、宝塚発西宮北口行、かつては、高速神戸発・宝塚発の嵐山臨にも、運用されていました。


DSC_1330.jpg
 5008外6連、普通、宝塚発西宮北口行、仁川・甲東園間、
 5000系は、神戸線1500V昇圧後の新車で、3連×2の6連で新造されています。その後、2000系T車を組み込み全編成が8連化され、2001年から大規模更新工事を受けました。その際、2000系のT車を廃車し、5100系のT車を組込みました。
 パワーウインドウの取付け、日除けをアルミ鎧戸からサランカーテンに交換、内装色が褪色に配慮して、全体に濃い目のトーン(現在の1000系・1300系並み)となっています。天井ファンが、車内へ突き出たローリーFANから、埋込み型スイーパーに変更。乗降扉横車内に、小型の列車種別・行先・停車駅などの表示器が取付けられました。今津線入線で、T車2両が外され、現在は6連7本で、全車今津線運用となっています。


DSC_1344.jpg
 5002外6連、普通、宝塚発西宮北口行、この列車で、午前中の今津線運用は、一巡しました。
 大雨も有って引き上げました。


 9月8日撮影分です
DSC_1586_20210908155408853.jpg
 5012外6連、普通、宝塚発西宮北口行、


DSC_1587_20210908155539a01.jpg
 5061外6連、普通、西宮北口発宝塚行、甲東園、この編成は、5000系で最初の大規模更新車で、
 貫通扉は大型ガラスに変更されていますが、車番が車掌側へ移されていません。


 宝塚駅での今津線パネル展です
DSC_1607.jpg
 新旧逆瀬川駅、前照灯、HSCブレーキ、3扉改造後の810系863外4連、3019外6連、映画阪急電車のHM付、


DSC_1609_20210908161327a5a.jpg
 開業当初の新宝塚温泉、地上駅時代の宝塚駅、1023外6連が三扉化されて、前照灯もシールドビーム二灯にされています。
 左側の電車は、1000系か1100系でしょう。どちらも非冷房時代です。
 宝塚ファミリーランド(遊園地で、観覧車やジェットコースターの線路と宝塚本線が背景に写っています)
 ほぼ現在の、花の路です。周囲より約1m高くなっており、松と桜並木になっています。 


 西宮北口駅のパネルです。二階コンコースに貼って有ります

DSC_1611_20210908162314f76.jpg
 今津線全線のパネルです


DSC_1615.jpg
 1940年の阪急西宮球場(現在は西宮ガーデンズショッピングセンター)で開催の、
タイガース・阪急戦のポスター、入場料60銭均一(現在の価値に換算するといくらになるのでしょう?)
三月の開催なので、デーゲームです。
 そのほか西宮北口駅の開業当初の頃の写真です。

 ※日本銀行の物価の公表数値は、昭和15年の戦前基準指数が1.641です。令和2年は675.7です。

 他にも沢山展示してあります。興味のある方は、西宮北口駅、宝塚駅へお出掛けになってください。




 撮影日の9月3日は、朝方は小降りでしたが、8:30頃から強い降りになりました。取り敢えず、今津線HM付が、
西宮車庫に入庫すると撮れないので、先に今津線へ出掛けました。屋根が有って撮り易い甲東園駅にしました。
到着後一旦改札を出て、再入場します。運賃は380円でした。
 上りホームで、暫く撮影です。宝塚・西宮北口間電車が一巡したので、引き上げました。当日は、開通100周年
HM付は、5006編成だけでした。7005編成にも、付いているそうですが、西宮車庫では、見かけなかったので、
宝塚に留置だったのかも知れません。


 改めて9月8日に再挑戦しました。8時の高槻市は晴れていましたが、淡路位から雨模様となりました。十三で乗り換え、神戸線通勤特急に乗車、西宮北口で今津線乗り換えです。いつも通り甲東園で撮影です。前回ほど強い雨にならず、撮影は比較的楽でした。
 今回は、宝塚駅迄足を延ばし、今津線のパネル展を見学します。一階の広いコンコースの壁に、今津線の歴史パネルが貼って有ります。一旦改札を出て支払います、料金は380円でした。JRの特定運転で、高槻・大阪260円、大阪・宝塚330円の回数券ばら売りで、570円なので、可なり阪急が安くなっています。





  最後まで、ご覧いただき有り難うございました。

 お手数ですが、クリックをお願いいたします。 

 毎日の励みになります、宜しくお願いいたします。


  FC2ブログ

 にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブロ グ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ナイスです

雨の強さが分かりますね
HM付の車両も時間が分かっていれば撮り鉄も楽なのですが、そうもいきませんね

大雨の撮影

 taroppe55さん、おはようございます。ナイスとコメントをいただき有り難うございます。

 HM付は、どちらか一本は運転するようにしているようですが、通過時間が不明なので困ります。2回目の朝は、良い天気だったのですが、西へ行くほど曇天から雨模様になりました。

 今後共宜しくお願いいたします。