阪急8007試運転と、小雨のニーナ、PF、パーイチなどを撮る

 皆さん、こんばんは、20日の北大阪は、曇り時々晴れの天気で、気温は20℃まで上がりました。朝夕は10℃程度まで下がり冷えますので、体調管理など十分ご注意なさってください。


 今日は、20日(金)の阪急8007編成試運転と、14日(土)に撮った、ニーナ、PF、パーイチなどと、特急列車をUPします。
 
  EF510-506牽引の3096レ、コキ20両編成で、空コキ1両でした。島本・高槻間梶原カーブ(上牧カーブではありません)


 2057M特急くろしお7号白浜行、287系6連、この後、4008M特急サンダーバード8号683系12連と、回3007M特急こうのとり7号、287系7連が通過しています。


 EF210-2牽引の1055レ、コキ25両編成で、空コキ6両でした。サントリーカーブ。 この後、EF210-139牽引の1070レが、コキ25両編成で通過しています。 


 4013M特急サンダーバード13号和倉温泉行、681系9連、流線型なのでUPしています。


 回3009M特急こうのとり9号、クロ288-2011外4連、


 EF200-20牽引の8056レ、コキ20両編成で、空コキなく全車積載ありでした。前の新快速が約8分遅れで、関空特急はるかを含め団子運転でした。そのため、207系普通に猛追されました。


 55DSはくと5号、倉吉行、HOT7013外6連、週末で増結されています。


EF210-18牽引の1062レ、コキ25両編成で、空コキ1両でした。


 EF66-27牽引の5071レ、コキ23両編成で、空コキ3両でした。久しぶりに昼間のニーナ登場です。串パンですが、最も被りが少ない写真をUPしています。

 ニーナ撮影後、北びわこ号用の12系客車回送が、通過するのは、判っていました。前の新快速や、特急はるかが10分程度遅れて、時変も予想できて通過が危ぶまれました。用事もあったので、片付けて帰宅準備したところ、約10分余り遅れて通過し、途中で見る鉄でした。残念!


 EF65-2081牽引の5087レ、コキ20両編成で、空コキ1両でした。芥川橋梁、


 EF210-4牽引の5084レ、コキ24両編成で、空コキ11両と寂しい列車でした。芥川築堤、


 EF65-2086牽引の1881レ、空チキ2両でした。上りの1182レは、単機でしたので省略しました。


 EF81-721牽引の4071レ、コキ20両編成で、空コキ4両でした。

 この前に通過する3095レは、EF510牽引でしたが、摂津富田駅から207系普電と並走になり、並びはもちろんのこと、釜の頭すら撮れませんでした。

 14日は、終日小雨模様で、時折り強くなり、とても撮影日和ではありませんでした。それでも土曜日だったので、サントリーカーブは、そこそこの人出でした。


 阪急8007編成、全検終了試運転です。この時は、晴れて綺麗に撮れました。珍しく、撮り鉄が5人も居ました。

 8007外8連、全検終了試運転、上牧・高槻市間、梶原上三番踏切。撮り鉄が多く、串パンを避けると、ビームの影落ちで、さっぱりでした。11月20日撮影、


 最後まで、ご覧いただき、有り難うございました。
 
 お手数ですが、クリックをお願いいたします。 
 毎日の励みになります、宜しくお願いいたします。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント