大阪市交谷町線、堺筋線を撮る

 皆さん、こんばんは、26日の北大阪は、曇天に薄日が射す天気で、気温は12℃程度まで上がりました。年内は残すところ5日になりました。何かと気ぜわしくなりますが、家屋の戸締りや盗難などにお気を付けください。住宅街では、小学生の路上遊びが増加します。車や単車の運転には、十分ご注意なさってください。


 今日は、少し前に大阪市内へ仕事で出掛けた時に撮った、大阪市交谷町線と堺筋線をUPします。谷町線(2号線)は車両が22系と32系の2種類しかなく、面白みが少ないと思われます。堺筋線(6号線)では、阪急電車の堺筋線内運用がありましたので、それらも併せてUPします。

 32系32904外6連、文の里行、東梅田、


 22909外6連都島行、地下鉄駅などの大きな空間は、耐震構造上から柱が多く、撮影に不向きです。東梅田。


 22系22905外6連の八尾南行と22908外6連の大日行、東梅田。


 32901外6連、文の里行、谷町線は、都島・文の里間の区間運行と大日・八尾南間の全線運行が、交互に来ます。したがって、昼間閑散時の末端区間では、10分毎の運転になります。


 東梅田での乗降、


 文の里行の車内の様子、昼間の時間帯は、この程度の乗車率です。


 南森町駅の大阪市交PR看板、柱の南森町の表示が、埃で暗くなっています。年に一度は、アクリルカバーを外して拭けば、奇麗に読みやすくなるのですが、大阪市交の人達は、何も感じないのでしょうか?常連客しか乗車しないので、駅名票は必要ないと考えているのか?自らの職場を大事にしないと、民営化が進みますよ!


 32系のLCDによる車内案内、行先の横書き縦表示は、珍しいと思います。


 1画面ですが、数秒ごとに切り替わります。

堺筋線(6号線)です。


 7306編成の天神橋筋六丁目行、堺筋線内運用、南森町。


 1401編成の堺筋線内運用、南森町。


 耐震補強耐力壁、以前は、柱だけでしたが、駅の中心部で乗り換え口等があり、開口部が広いので、中央の柱に耐力壁を設けたものです。南森町。


 市交更新車編成による普通高槻市行、66902外8連、南森町。 


 仕事で出掛けた時は、時間が迫っているときが多く、大阪市交は、ほとんど写真に撮れません。今回は少し時間に余裕があり、撮影が可能でした。鉄筋の建築物も、H鋼による補強工事が行われたビルが増加してきました。地下鉄のような大きな土木構造物にも、補強が必要な部分が多くあります。

 近い将来発生が予測されている、南海東南海地震では、マグニチュード9クラスの地震になり、大阪市内でも10m程度の津波が予測されるそうです。地震が起きれば、地下街や地下鉄は、水没の恐れがあり、被害の少ない高層ビルなどに、素早く避難しましょう。


 最後まで、ご覧いただき、有り難うございました。
 お手数ですが、クリックをお願いいたします。 
 毎日の励みになります、宜しくお願いいたします。
 



 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント