遅れゼロロク、ロクゴ、赤青ゴトーなどを名神陸橋と百山で撮る

 皆さん、こんばんは、21日の北大阪は、晴れ時々曇りの良い天気で、気温は29℃まで上がりました。ここ暫くは、初夏の暑さを超えていますが、からっとした良い天気でした。今年の梅雨は、いつごろからなのでしょう?


 被災地の熊本も、良い天気で、災害復旧作業が進んだことでしょう。地震の早期収束と、生活環境の復旧を願っています。


 今日は、去る15日(日)に名神陸橋と百山踏切で撮った、遅れ貨物などをUPします。


 3225M新快速長浜発播州赤穂行、京都博物館ラッピングW-18編成+一般車4連、名神陸橋。


 回1D、特急はまかぜ1号、大阪発浜坂行、キハ189-1007外6連、日曜で6両に増結されています。
 この後、EF210-124牽引の57レが、コキ24両編成で、約3時間5分遅れて通過しました。
 更に、EF210-166牽引の1081レが、コキ22両編成で、約2時間10分遅れて通過しました。


 EF510-3牽引の3096レ、コキ22両編成で、空コキ5両でした。北陸系は、定時通過でした。


 4008M特急サンダーバード8号、683系T-51更新車編成9連、


 回3005M、特急こう乗り5号、城崎温泉行、クロ288-2001外4連、
 この後、EF210-130牽引の1055レが、コキ26両編成で、空コキ15両の非常に寂しい列車で通過しました。


 207系普通須磨行、クハ206-1外7連、7両貫通型量産試作車編成です。


 EF510-503牽引の3092レ、コキ20両編成で、空コキ2両でした。



 EF66-132牽引の1083レ、コキ26両編成で、空コキ4両でした。休日ダイヤで、約55分遅れて通過しました。サントリーカーブ。


 EF200-8+ムドEF210-135+コキ20両編成で、空コキ1両でした。約30分遅れて通過しました。百山踏切。


 EF66-21牽引の5055レ、コキ22両編成で、空コキ2両でした。約10時間10分遅れて通過しました。百山踏切


 EF510-508牽引の3095レ、コキ22両編成で、空コキなく全車積載有でした。当日は、先行の4071レはウヤでした。百山踏切。


 EF65-2070牽引の5087レ、コキ20両編成で、空コキ4両でした。約50分遅れて通過しました。



 59D、Sはくと9号倉吉行、HOT7011外5連、


 EF66-125牽引の1067レ、コキ24両編成で、空コキ3両でした。約11時間遅れて通過しました。後部が切れていますが、ここは上り方に架線柱があり、踏切外からの撮影では、列車全体は撮れません。桧尾川踏切。


 EF510-2単機の6550レ、16日にEF510-507を引いて、富山へ向かいました。桧尾川踏切、

 15日は、久しぶりの五月晴れでした。名神陸橋にも数名の撮り鉄がおいででした。
 当日は、下り貨物が大幅に遅れており、目玉のゼロロク、鯨、ロクゴが、午後にまとまって通過したので、ある面ラッキーでした。8時前に大阪駅から岡山方面へのサロンカーなにわや、米原・長浜方面のSL北びわこ号を撮りに出掛けられた方々も、多くおいでだったようです。

 


 最後まで、ご覧いただき、有り難うございました。
 お手数ですが、クリックをお願いいたします。 
 毎日の励みになります、宜しくお願いいたします。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント