残り僅かな運用?のロクゴと鮫、ゴトー、押太郎などを撮る

 皆さん、こんばんは、27日の北大阪は、前夜から明け方に強い雨が降り、昼間は曇天から晴れ模様で、蒸し暑い天気でした。気温は28℃程度まで上がりました。


 伊勢志摩サミットも無事に終了したようで、何よりです。後は、消費税のUPをどうするのかが、課題です。また、熊本地震の被災地も、梅雨に入ると、二次災害などが予測されます。関係機関では、十分な対策をとられるよう願っています。

 今日は、去る20日の午後に、サントリーカーブと百山踏切で撮った列車をUPします。

 EF65-2080牽引の5087レ、コキ20両編成で、空コキ4両でした。この釜を定期的にみられるのも、残り僅かになるのでしょうか?百山踏切


 EF510-13牽引の4071レ、コキ21両編成で、空コキ9両でした。京都貨物での積み込みで、フルコンになったのでしょうか?サントリーカーブ。


 EF66-108牽引の5070レ、コキ20両編成で、空コキなく全車積載有でした。


 4027M、特急サンダーバード27号、金沢行、683系更新車T-46編成+一般車3連、


 EF210-306代走牽引の1881レ、空チキ6両で、久しぶりの吹田釜運用でした。


 回3015M、特急こうのとり15号、城崎温泉行、クロ288-2011外4連、前部に架線ビームの影が落ちています。背後から新快速が迫っており、この位置しかシャッターを切れませんでした。


 EF510-23牽引の3095レ、コキ21両編成で、空コキなく全車積載有でした。


 783T普通米原発網干行、クハ222-2022外8連、京都博物館ラッピング車W-18編成、先頭車と2両目は、冬の京都です。3、4両目は秋の京都です。


 同上、クモハ223-3022外8連、後寄り2両は、春の京都です。5.6号車は、夏の京都です。


 回3014M、特急こうのとり14号回送、クモハ289-3517外4連、大阪方はクロ288-2009です。


 59D、特急Sはくと9号、倉吉行、HOT7011外5連、


 EF510-1牽引の3099レ、コキ22両編成で、空コキなく全車積載有でした。

 帰路に阪急京都線、梶原上三番踏切へ立ち寄りました。去る5月11日に試運転が始まった阪急7013編成ですが、5月20日も試運転でした。
 阪急7013外8連、試運転。上牧・高槻市間、梶原上三番踏切、5月20日撮影。

 この編成は、更新工事が終了して、長く正雀工場に置かれたままでした。漸く今月11日から、本線試運転が始まりましたが、未だに求める性能に達していなかったのか、詳細は不明です。少し前の5月23日に神戸線西宮車庫へ回送され、24日から営業運転に、就いているようです。

 5月26日に、5100系能勢電への譲渡車8両が、阪神メンテナンスでの更新工事を終了して、西宮車庫へ回送されたようです。2連2本は、クリームとマルーン、ブルーとクリームの2種類の塗装になっています。近々に能勢電で、1500系に代り運用されるのでしょう。



 最後まで、ご覧いただき、有り難うございました。
 お手数ですが、クリックをお願いいたします。 
 毎日の励みになります、宜しくお願いいたします。
 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント