1日3本のトワイライトなど



 皆さん、こんばんは、22日の北大阪は、朝から小雨模様で、降ったり止んだりの天気でしたが、気温は暖かく15℃まで上がりました。漸く春の気配が出てきたようです。一雨毎に暖かくなるでしょう。


 今日は、16日(月)に定期のトワイ2本と、回送1本と併せて3本のトワイライトが通過しましたので、これをメインにUPします。

 月曜日の貨物はウヤが多く、テンでも荷が少なくなっています。

 
 EF210-169牽引の1081レ、コキ24両編成で、空コキ8両と寂しい列車でした。約2時間50分遅れて通過しました。名神陸橋、


 
 
 EF81-719牽引の3092レ、コキ20両編成で、空コキなく全車積載有でした。

 
 

 
 EF81-103牽引の8001レ、24系客車は第三編成でした。1本目札幌へ向けて、定時に通過しました。桧尾川踏切、


 
 EF210-142牽引の5071レ、コキ24両編成で、空コキ6両でした。梶原カーブ、


 EF65-1133牽引の工臨9980レ、空チキ2両でした。上り外側線ですので、下回りが写りません。


 EF81-113牽引の回8002レ、24系客車は第一編成でした。約1時間遅れて通過しました。2本目は、回送列車で乗客は居ません。


 EF200-17単機の1881レ、上りの1182レは、レール積載チキ6両でした。桧尾川踏切、


 EF510-3牽引の3095レ、コキ20両編成で、空コキ9両と寂しい列車でした。


 
 EF81-729牽引の4071レ、コキ20両編成で、空コキ3両でした。



 EF65-1133単機????レ、往路は空チキの工臨でしたが、帰路は単機でした。梶原インカーブ、


 EF81-44牽引の8002レ、24系客車は第二編成でした。札幌を約1時間半遅れて発車して、高槻を約3時間遅れて通過しました。思ったほど側面に陽は当りませんでした。梶原インカーブ、
 

 当該地は、法面の間知ブロック積擁壁が完成していて、転落防止策が邪魔です。今後数年で、新名神高速道路関連の道路整備によって、東海道線の両側に6~9M幅員の道路が新設されます。この地点の上空約40mには、新名神高速道の本線が、ここより高槻寄り約300Mには、国道171号線から阪急とJRを高架で越す道路が新設され、新設の名神高槻JCT&ICへのアクセス道路になります。



 最後まで、ご覧いただき有り難うございました。
 
 お手数ですが、クリックをお願いいたします。 
 毎日の励みになります、宜しくお願いいたします。
 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント