トワイライト用客車廃車回送、DD51ロンチキなどを朝練で撮る

  皆さん、こんばんは、14日の北大阪は、曇天に時折薄日が射す天気で、風が冷たく気温は11℃までしか上がりませんでした。

 昨日は、赤穂浪士の討ち入りの日で、忠臣蔵として、数多く取り上げられ有名になっています。現在でも人気が有るのは、理不尽なことが多くなった世知辛い世の中で、忠義を尽くすという、武士としての信念を貫く、当時の生き方を、自らの理想として、今の暮らしの中に、何かを求めるのでしょう。
 

 今日は、9日(金)の朝に行われた、トワイライト用24系客車の廃車回送、DD51ロンチキなどを撮りましたので、UPします。

 506C、普通神戸発京都行、クハ207外4連更新車編成+一般車3連、摂津富田・高槻間。


 507C、普通京都発神戸行、207系3連+4連、芥川橋梁。


 1001M、特急はるか1号、京都発関西空港行、クモハ281-3外3連+6連、芥川橋梁。

 この後8053レがEF210牽引、コキ24両編成で、定通しています。


 EF510-515牽引の4070レ、コキ22両編成で、空コキ5両で、6:12の定時通過でした。前照灯周りの金帯で、かろうじてEF510の青釜が判ります。 芥川橋梁。

この後、EF210牽引で、57レ、1057レが通過しています。


 EF210-120牽引の55レ、福山レールEX,コキ20両編成で、全車積載有りで、6:29の定時通過でした。


 回4005M?、特急サンダーバード車両回送、流線型のクロ681のように見えましたが、定かではありません。


 工9182レ、DD51-1193+ロングレールチキ12両。釜が僅かに写っている程度でした。


 707M、普通野洲発・姫路行(京都・西明石間快速)、クモハ221-2外6連、漸く空が、白んできました。
 

 EF210-6牽引の1051レ、コキ26両編成で、空コキ1両でした。この列車は、大型コンテナが大半なので、見ていて迫力があります。


 4001M、特急サンダーバード1号、大阪発金沢行、683系更新車編成。暗くて番号を読めませんでした。


 EF210-144牽引の1053レ、コキ26両編成で、空コキなく全車積載有でした。芥川橋梁。


 3402M、新快速姫路発野洲行、クモハ225-102外4連+223系8連、


 EF65-1124牽引の9925レ、トワイライト用客車6両廃車回送、先頭は、オハネフ25-503でした。


 同上、後打ち、最後部はスロネフ25-503?に見えましたが、どうなのでしょう?客車に乗務員が勤務していたら、電源車がないので、寒かったでしょう!


 撮影日の9日(金)は、曇天で、なかなか明るくならず、工9182レの通過時は、暗闇のままでした。その後少しで明るくなり始め、707M通過頃に漸く、普通に写るようになりました。今後、毎日夜明けが、数分づつ遅くなりますので、朝練は、厳しくなりそうです。仕事の加減で、日中撮影が困難なため、日照時間が短いと、被写体が少なくなり、どのようにブログを構成するか悩みます。今後とも、拙ブログを、ご覧いただければ幸いです。


 最後まで、ご覧いただき、有り難うございました。
 お手数ですが、クリックをお願いいたします。 
 毎日の励みになります、宜しくお願いいたします。


 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント